単語の会話だけでビジネスが出来るか

※今回は、完全に私の悩みと言うか、苦労というか。感傷的な表現が多いかもしれません。

 

感情表現は「キモい」「ウザい」「ヤバい」3ワードのみ 子供たちのボキャ貧が深刻化 大学生も…

若い子と仕事をしていると、こんなのしょっちゅうです。

若いと言っても30超えたオッサンが、そんな言葉遣いじゃまずいと思いつつ、放おっておいています。

辛抱強く尋ねなければ、「誰に」「何をされたか」一向にわからない。事情を知らない聞き手におかまいなく、自身の感情を訴えるだけの会話だ。

これがまさにその子に当てはまることです。こちらが聞かないとよくわからないのです。

要は、報・連・相がなってないのです。結構、重大ですよ、30超えてこんなんですから。

Read more & more…


比較文化論の試み−山本七平

海外に行くことが楽しみである私にとって、

日本人ってどういう民族か?と言った哲学的な悩みを抱えることは往々にしてあります。

それが楽しかったりするのですが、この本はなかなか強烈なインパクトを残してくれました。

あくまで比較文化論ですが、その導入部分が何とも考えさせられます。

 

Read more & more…


技術系新人をどう育てるか【2章】上司目線での教育

エンジニアは、ある意味万国共通の実力主義です。

そのためには、自社でしか使い物にならない人財にしか育てられないのはまずいと感じます。

結果として自社がトップクラスとなるためには、その子が他社でも活躍できるだけの実力をつけさせる必要が、悔しいけれども有るのです。

私が準大手ゼネコンを4年経験し、転職を経験して今に至るため、新人には偉そうなことは言いません。

ただ、「外の空気を知っている」というのが強みでもあるわけです。

 

Read more & more…


技術系新人をどう育てるか【1章】接し方を教育するために

時代世代によって、あるいは人間性によって、新人への接し方は変えていると思います。

私の新人に対しての接し方は、最初は腫れ物にさわるように、おっかなびっくりです。

 

で、コミュニケーションが上手く取れるようになるため、というのもありますが、

新人に対してしか出来ない接し方があります。

ただ、これは自分が後々「悪者扱いされる」ことを覚悟しなければなりません。

 

Read more & more…


熊本地震に想う

被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

建築構造に携わる者として、非常に心が痛む事態だと感じます。

今回は阪神大震災クラス以上の内陸直下型で、横揺れもそうですが、

熊本城の瓦の被害や阿蘇神社が崩れたなどの被害を見ると、

上下動やキラーパルスがキツかったんだろうな

と思いました。

 

Read more & more…


技術系新人をどう育てるか【序章】

4月も半ばにさしかかり、組織の全貌が明らかになり始めています。

ある程度を上席が決め、トップダウン形式で伝達されるため、受け止めるコッチは結構バタバタです。

去年新人くんが付き、やっと1人でやらせてみるかな、と考えていた矢先、その彼が異動で離れ、また新人くんが付くことになりました。

 

Read more & more…



【Season1】病原菌は、チプカシ。【初期】

ロレックス・ジャガールクルトを買い、多大なる満足感を得た年末年始。

 

なんか、疲れちまった。よ。

 

 

ルクルト買う時も、「GMTとして小振りな軽い時計」を目指して行き着いた。

どうやら最近は、軽いのがマイブームのようだ。

となったら、、もっとカジュアルダウンした時計に行ってみたくなった。

Read more & more…


【オイスター】休日の時計として【perpetual】

去る2015年12月。

私は、ある国家資格を取得し、これである程度個人事業主としても仕事ができる状態にまで持って行った。

時計がほしい。

「グランドセイコーの針は氷結すぎる。もっと遊びのある時計がほしい。」

時計を選ぶときの基準は人それぞれだが、私は【遊び】を取り入れた。

 

Read more & more…


【ジャガー】くるりんぱする時計【ルクルト】

時計が大好きです。メカメカした感じが。

2016年1月に購入したのは、この時計です。購入して1ヶ月程度ですが、愛着ありまくりです。溢れんばかりです。なんでしょう。アラビアインデックスの「4」のズレた感じとか。

今回の時計は、

  1. 軽い
  2. チープ感がある
  3. GMT付き

の3つが揃った時計だったのでお買い上げです。

以前はグランドセイコーのこいつでした。ちょっと堅苦しいよね。

 

Read more & more…