「 ストレス 」一覧


ストレスフルで時計を衝動買い

衝動。

 

それは、強い何かによって心的に動かされること。by うぃきぺでぃあ

 

強い何か、とは。

もしそれがストレスなら、私は将来、膨大に買い物をしなければならない。

なぜなら、ストレスが減ることは暫く無いからだ。

 

そりゃマズい。稼がねば(違う、そうじゃない)。

 

Read more & more…


ドック!ドック!ドック! 後編

有休とって行ってきましたよ!心臓MRI。

結論から言うとね。

 

心臓は元気そのもので、

弁が逆になったりしていなくて、

血流を止めるプラークが目立つ訳でも無い。

心房・心室の大きさはバランスよく、

左心室の機能が落ちている雰囲気は皆無。

脳にも梗塞は無いし、

頸動脈に異常も無し。

 

 

ん?

 

Read more & more…


心身ケアの方法論を知りたい

あれから、まだ面倒な仕事は引きずっています。週明け以降に勝負が付くかな。

肩こり・首こり処置用に、フォームローラーとやわこを買いました。私も趣味らしい趣味といえば旅行くらいです。ただ、毎週出来る趣味ではありません。

なかなか手軽な趣味を見つけるって、難しいですね。。。

 

Read more & more…


外圧があると、何かに寄りかかりたくなるものだ

2月は、今のところ酒を飲んでません。ええ、やけ酒を飲みたいくらいの状況ですがね。

 

とある案件①の地盤調査で、近隣柱状図や、既存の現地柱状図から想定された中間支持層が出ず、杭長が倍以上になる事象があり、今日施主報告した。

すると、「N値が出ているのに、出ないよう偽装して杭を伸ばしているのではないか?」と、実施した地盤調査自体を疑われ、杭長の増分については「他社は相当数を見込んで出してきたところを見ると、お宅の当初の見込みが甘かったのではないか?」と、さもこっちに非があるような物言いをされた。結局納得してもらえず、追加の地盤調査を実施しそうな運びだ。

その打ち合わせ後、さすがの上司Aも「調査結果の偽装とか、調査のやり直しなんてありえない。前代未聞だ。ありえない。」と。この時だけは、反りが合った。

この時だけは。

ただ、地下鉄近接協議のための相談に行かなければならない。いずれにせよこの案件が、ことのほか重い案件なのは百も承知だったので、段取りものの案件以外は部下に任せていたのが実情だった。

だった。

 

Read more & more…


しばらく断酒云々はやめた。メンタルの話をしよう。

あ。そうそう。

禁酒・断酒については、2/1から再開していますが、暫く記録を残すのは辞めます。

というのも。部下が鬱になりまして、私も若干、情緒不安定なので。

ひとまず有給で休ませ、結局休職手続きして、年度末まで休みだと。おかげで、上司も殊のほかお疲れモードで、「ちょっと行く?」と言われる始末。

彼の仕事が全部こっちに来たので、私もてんてこ舞いで、しばらく自分を断酒云々で縛るのは控えようと思います。

明日はラクーアに行く予定。現場監督時代に、メチャ疲労があるときには銭湯に行っていたが、今まさにそんな状況。マジ疲れた。こっちが倒れたいわ、ほんま。

 

*鬱になったことが無いので、想像で書いている部分もあります。もし鬱の症状で苦しんでいる人に苦しみを与えているようであれば、申し訳ありません。

 

Read more & more…


【悲報】オレ氏、再び心療内科のお世話になる。

安倍なつみ

スットーレッス〜が〜♪ チャッチャラッチャン♫

地球をダメにす〜る〜♪ チャッチャラッチャン♫ チャラッチャン♬ チャン!

安倍なつみ若し。でも、森高千里の歌だとは思わなんだ。

あれは、今から6年ほど前。

前の会社では、「納得して仕事する」環境を大きく逸脱し、残業が常態化し、

カラダが緊張して肩こりもひどく、一種の燃え尽き症候群っぽい、

全く仕事を手につける気にならない感じになり、仕事に支障をきたしはじめた。

また、目眩(めまい)を発症し、空飛ぶ絨毯の上を歩いている感覚に陥り、

いよいよ心療内科にお世話になったことがある。

その時処方された薬はデパスだった。

「とにかく睡眠時間を確保せよ」の助言のもと、筋弛緩作用がある抗不安剤で

安眠することを求められた。

Read more & more…